ホームクラブ概要活動履歴入会について会務分担表例会案内会員紹介リンクメンバーemail


平塚北ロータリークラブ

ロータリーを実践し みんなに豊かな人生を


2019年8月8日 最終更新
1.クラブ概要 平塚北ロータリークラブの概要です。
2.活動履歴 当クラブの現在までの活動内容が表示されます。
3.入会について 入会を希望される方はこちらをご覧下さい。
4.会務分担表 2019〜2020年度「会務分担表」をご覧頂けます。
☆PDF形式、別画面に表示されます。
5.例会案内(行事) 毎週火曜日に開催される「例会」についてのご案内です。
☆PDF形式、別画面に表示されます。
6.会員紹介 NEW 当クラブ会員をご紹介いたします。
7.リンク 当クラブメンバーや、関係のある方々のホームページをご紹介いたします。
8.メンバー 平塚北ロータリークラブ「メンバー・オンリー」ページです。






2019〜2020年度|クラブ運営方針

 今年度RI会長 マーク・ダニエル・マローニー会長は「ロータリーを世界につなぐ」を会長テーマに掲げました。さらに重点項目として以下の4点を挙げています
  1. ロータリーを成長させる
  2. 家族の重要性を強調
  3. 内部組織の改革
  4. s国連との関係
 ロータリーの成長に会員の増強は最も重要としたうえで、マローニー会長は 「忙しい職業人や家族の都合で忙しい会員にもリーダーとして役割を果たしてもらう環境づくりの必要性」を訴えています。

 さらに「最もロータリーに必要とする人々、すなわち地域社会に貢献したいという若い職業人たちの日常的な現実を無視したままでは、ロータリーの平均年齢を変えることはできない。人生の段階の途中にある若い世代を、ありのままに迎え入れる内部組織の改革の必要がある」とメッセージを発信しています。

 今年、平塚北ロータリークラブは50年を迎えます。私たちは先輩方の築いた半世紀を、未来に繋ぐ役割を担っています。そして更に発展するためには、時代の多様性を理解したうえで将来を担う未知のリーダーの発掘や、地域社会との繋がりを大切に育てていく意識が重要と考えます。


今年度クラブテーマ 「学び」「貢献」で繋がろう

 1. 「学び」キャリアを超えてロータリーを学び会員相互の繋がりを深めよう
 2. 「貢献」個々の貢献の在り方を考え、社会との繋がり方を考えよう

これを基に、今年度RI会長の重点項目から選択した取り組みを実行します。

  1. ロータリーを成長させる。
    ・会員がロータリーを「学べる」情報と機会を提供する
    ・50歳未満の会員、女性会員を意識し純増2名を目指す
    ・情報発信方法を検討し公共イメージ向上に貢献する
    ・現在の奉仕活動全般の棚卸、新規奉仕事業の企画を検討する

  2. 会員の職業と家族の重要性を意識する
    ・職業分類表の見直しや候補者の情報収集方法の工夫
    ・会員と家族がクラブ行事を通じてさらに親睦が深まる工夫をする

  3. 寄付という支援への理解を今一度深める機会を創る
    ・ロータリー財団 200米国ドル/1人あたり
    ・ポリオプラス基金 40米国ドル/1人あたり
    ・米山記念奨学会 20,000円/1人あたり

一年間、よろしくお願い致します。


平塚北ロータリークラブ会長
栗原 幹樹



PDF書類をご覧になれない方は、右のバナーをクリックするとPDF閲覧ソフト「Adobe Reader」の最新版を入手(無料)することができます。
インストール後、PDF書類を問題なくご覧頂けるようになります。






ホームクラブ概要活動履歴入会について会務分担表例会案内会員紹介リンクメンバーemail

Copyright © 2008-2020 HIRATSUKAKITA ROTARY CLUB. All RIghts Reserved.